​利尻しまじゅうエコミュージアム

​~利尻島の漁業遺産群と生活文化~

利尻島の漁業遺産群と生活文化

​海の道がつくりあげたヒトとモノの交流史

日本最北の島、「利尻島」には、近世以降の漁業と移住の歴史を物語る漁業遺産群がある。

近世には松前藩、近江商人による交易場所がおかれ、アイヌがそれを支えた。

島には、豊漁や航海安全を祈る神社や奉納物が残る。

幕末以降は出稼漁民が松前や青森、秋田から渡り漁場を拓いた。その記憶は袋澗や番屋に、

生活文化の名残は石碑や獅子舞などに込められた。

島の産物は、鰊、昆布、海鼠、鮑などであった。

とくに鰊は、〆粕、身欠き鰊として本州に北前船で運ばれた。

 利尻島を行き来する海の道は「ヒトは北へ、モノは南へ」という交流史をつくりあげた。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
アイコンwinter.JPG

​RISHIRI ISLAND

hokaidou-1.png

北海道

​利尻島

人口:約4,500人

​面積:182.11km²

利尻島は、人口約4500人。周囲約53kmの、日本の有人島421島の中でも17番目に大きな島です。

主に「水産業」「観光事業」の2つを基幹産業とし、「水産業」ではあの有名な「利尻昆布」のほか、近年では、鮭の孵化放流やウニあわび種苗の放流、利尻昆布の養殖・ホタテの養殖と、育てる漁業にも力を入れています。

「観光事業」では、年々観光客も増加傾向にあり、近年では外国人観光客も多くみられるようになりました。また、夏のシーズンだけでなく、冬にはバックカントリーも盛んにおこなわれているため、季節問わず多くの観光客の方が訪れています。

2018年(平成30年)には天皇皇后両陛下もご来島され、今後、利尻島のさらなる発展が期待できます。

To play, press and hold the enter key. To stop, release the enter key.

press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom
press to zoom

ABOUT US

2019年4月1日より立ち上げた「利尻しまじゅうエコミュージアム」。

皆さん一度は「利尻島」という名前を耳にしたことがあると思います。

わたしたちは、その「利尻島」から、昨年度北海道遺産に選定された

「利尻島の漁業遺産群と生活文化」を広く伝えていくためにこのHPを立ち上げました。

北海道には、全67件の「北海道遺産」があります。知っている方も知らなかった方も、

新しく選定を受けた「利尻島」の北海道遺産について、「見て」「感じて」「学んで」、

さらに「足を運んで」​下さればと思います。その導入として、このHPを見ていただければ嬉しいです。